家庭用エアコン(木造・マンション)

料金表

【家庭用エアコン】

①取付・工事・中古取付

取付(6 畳〜 1 2 畳)2.2W~3.5W
¥23,800/台~
取付(1 3 畳〜 1 6 畳)3.6W~5.0W
¥28,800/台~
取付(1 7 畳〜)5.1W
¥33,800/台~
中古エアコン取付 2.2W~3.5W
¥23,800/台~

※中古 エアコンの取付費用には、配管・ドレンホース・電線・プラグロックは含まれていません。

●標準設置工事

  • 室内/室外機 1階設置
  • 室外機 地面/床置き
  • 配管長さ 3m迄
  • 配管化粧テープ仕上げ

 

●追加工事費用

  • 室内/室外機の上下階へ移動が必要な場合
  • 室外機をベランダや庭の地面に置いて設置できない場合(例:屋根置き、壁付け、2段置き架台、他)
  • エアコン専用のコンセントが無い、またはコンセントの電圧が異なる場合
  • エアコンの配管を通す穴が無い場合
  • 配管穴が隠蔽配管になっている場合
  • 配管・配線・ドレンホースの延長が必要な場合
  • 化粧カバーの取り付けが必要な場合
  •  

②移設・付替え

移設・付替え
¥23.800/台~ ※エアコンの容量によって値段が異なります

基本条件

  • エアコン専用のコンセントがある。また、コンセントの電圧が異ならない。
  • 部材は再利用しますので、新規で部材が必要になる方は要相談。
  • エアコンの運送費はなし

③取外し・処分

取外し・処分
¥15.000/台~ ※標準設置工事の条件のみ

エアコン取り付け作業の流れ

作業時間:エアコン1台あたり約1時間半

  • 1部屋の養生
    エアコンの取り付けを始める前に、まずは部屋の中をカーペットで保護します。
  • 2壁の穴あけ
    エアコンの室内機と室外機をつなげる配管を通すために、柱・筋交いを避けながら、壁に穴をあけます。
    標準工事に含まれるのは、木造の壁への穴あけ1ヶ所です。
  • 3据付板の設置
    室内機を壁に取り付けるために、据付板(背板)と呼ばれる鉄製の板をネジで壁に固定します。
  • 4配管のフレア加工
    配管からのガス漏れを防ぐため、フレアツールを使って配管の先をラッパ状に広げます。
    標準工事に含まれる配管の長さは4mまでです。
  • 5室内機の取り付け
    室内機に配管や電線を接続してから、据付板に室内機を引っ掛けて、壁に設置します。
  • 6配管パイプの取り付け
    室外機側にも配管パイプを取り付けます。
    配管パイプは保護用のテープを巻き上げます。化粧カバー(追加料金)も設置可能です。
  • 7室外機の設置
    家の外の地面やベランダの床に置いて、室外機を設置します。室外機の下に置くプラブロックは標準工事費用に含まれます。室外機を置くスペースがない場合は、追加費用が必要になります。
  • 8真空引き
    真空引きとは、真空ポンプと呼ばれる機材を使って、エアコンの配管内を真空状態にする作業です。真空引きを行うことで、エアコンの性能低下を防ぎます。
  • 9パテ埋め
    壁に開けた穴のすき間を、粘土状のパテで埋めていきます。
    パテ埋めをすることで、配管の穴から雨風や害虫が部屋の中に入るのを防ぎます。
  • 10試運転
    エアコン・クーラーの冷房をつけて、エアコンが正しく取り付けられているか点検します。また、室内機の排水を確認するために、室内機に水を入れて、ドレンホースまでの流れも確認します。

▼お見積もり・相談は無料です!▼

【電話】 03-4405-5044
【営業時間】8:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫


一覧ページに戻る